社長ブログ

2016年11月18日 金曜日

瓦の下は

先日屋根の葺き替えの工事に入った時の写真です。

  

湿式で瓦の下地を組んでいますといますと
瓦の下は土です
野地板にしっかりくっついて
とてもいい下地のなるのですが
とても重量がかさむ為
地震対策として、最近ではほとんど
この工法で施工しません




屋根の葺き替えの時は
この土を下ろさなくてはなりません
足場の悪いところで
埃だらけになる大変な作業です。
夏場ですと環境はかなり過酷になります。

この土を下ろすだけで
4~5トン軽くなります

現在よく使われる乾式の瓦下地は
この様な感じです




材木で下地を組み
釘でとめて行きます

土は棟を組む時に使う程度です





投稿者 株式会社岡山建築工房