岡建ブログ

2017年7月31日 月曜日

体感を計って見ました  豊田市S様邸新築工事


新築工事中の現場の玄関を入ると

スーっとするひんやり感があります

この体感を数字にしたらどの位かなと

数日前の日が照りつける暑い日

新築工事中の現場で

温度を計って見ました

赤外線放射温度計の登場です。

赤外線を放射して非接触型温度計です




日向の温度はなんと38.1℃

日向での作業はきついわけですよね




日陰ですと33.4℃

まずまずの夏を感じる温度ですね





1階の床の温度は28.1度

日陰より5.3℃より低い温度

日向でしたら、10度も低い

これって

かなりすごい数字の様に感じてしまいます




1階の天井は283℃

赤外線の放射が見えるようにと

温度計の角度を変えてみました

右側の小さな点がそれななですが

分かりにくいですね





2階の温度は28度

1階と2階の温度差がありません

これまたすごいですね





2階の天井の温度です。

勿論条件を悪くして

南側の天井と屋根の隙間が

少ない場所での計測

これがうれしい誤算です。

この部分は2℃位熱くなるかなと

想像していたのですが

温度差がありませんでした




2階バルコニーの温度も計りました

中央赤い斑点が赤外線の放射位置です。

32.6℃でした。


建築中ですので

換気扇等何も動いていません

純粋な家の力です。

少ないエネルギーで

快適な住空間が出来ます

住む人にも地球にも

優しいお家です。




投稿者 株式会社岡山建築工房