社長ブログ

2016年12月14日 水曜日

改めて気づかさせて頂きました

昨年から弊社にきた軽トラ
お施主様から不要になったので
譲り受けたものです。
スバル サンバーです



先日車検の為に修理工場に取りに来て頂きました

代車を持ってきてもらい
工場に帰る途中 どこやらのポンプが壊れて
水が駄々漏れとなり走行不能になりました。

修理しますか、それとも年式もかなり古いし
廃車にしますかと連絡があり
業者さんと相談の上修理する事にしました。

部品を取り寄せて頂き
程なく修理から戻ってまいりました

戻ってきた軽トラをみて
とても感動しました

外観は変わってるわけないのに
輝いていました。
洗車して頂いたおかげなのか
その様な輝きではないんです。

上手く文章に乗せる事できませんが
見違えるのです。

私の妻の言葉を借りれば
愛がある

以前譲り受ける時
修理には出したのですが(違う修理工場)
かえって来たときにはその様な感動はありませんでした

今回は修理をお願いした整備工場は
10年以上前から付き合いのある整備工場です。
尾張旭市と少し離れていますが
修理にだすと
ちゃんと治るです
ディーラーに出してもNGのものが
ちゃんと治って帰ってきます


それ以上の何かを感じるんですね
私は車にたいする愛情かなと思います

それが修理以上の何かを感じるのだなと

家の新築 リフォームをする弊社
改めてここが大事なんだよなと思いました

毎日の事で気が緩まないように
愛情を込めて仕事と向き合って
いかないといけないと

その様な事を感じさせていただけた
軽トラの車検でした。








投稿者 株式会社岡山建築工房