社長ブログ

2016年4月10日 日曜日

東海市は遠くなかった

昨日は建前の応援に行ってきました

東海市でしたが 1時間余りの道程です

今回はピン工法の物件でした

ピン工法とは

在来工法の木造住宅は木と木の接続は

木材を加工して組み合わせていきます

仕口と言われるものです

何種類の形があります。

それぞれ適した形の仕口で接続します。

その仕口の仕事を金物で行うのがピン工法です

木材に金物を埋め込み

金物と金物で接続そこに金属製のピンを差します

ピンは金物と金物が離れないために差す

閂のようなもの、それでピン工法と呼ばれる

正式な名称はあるのかも知れませんが

現場や打ち合わせの時はピン工法と言っています

鉄鋼造りの木造版みたいな物

ただし無垢材では出来ず、すべて積層材

簡単にいうとこの様な感じの物です

無垢材では基本できませんが

部分的には認めてられる金物もあります。

 

個人的好みですが

せめて柱は無垢材の檜がいいな

 

 



投稿者 株式会社岡山建築工房