リフォーム施工事例

2015年6月16日 火曜日

柱と梁と耐震金物そして制震/豊田市F様邸リフォーム工事

土台が済みますと
新しい間仕切り壁を作るために柱をたてます。
まずは柱を加工します



既存のリビングダイニングを広くするためには
柱を撤去しなくてはなりません
撤去しても強度が落ちないように新しく梁もいれます。








柱が入ると、サッシを入れます
今回のサッシは Ykk社製複合サッシです。
外側がアルミ 部屋内側は樹脂というものです。
ガラスは断熱ペアガラス。断熱性能向上もするリフォームですので
高性能のサッシを選びました。




筋交い金物や、帯金物 柱接続金物等で耐震補強!
耐震性能が上がったら
もうひとランク上の性能向上為
制震オイルダンパーを取り付けます。




高層ビルの技術を一般住宅に適用した
GHハイブリット制震装置
中央についたオイルダンパーで揺れを制御します。
大きい地震の後の 大きな余震対策にも期待できる装置です。




投稿者 株式会社岡山建築工房