岡建ブログ

2010年11月15日 月曜日

建前2日目


まず桁パッキンを入れ屋根の断熱材をしいていきます。

基礎から屋根まで外断熱のソーラーサーキットならではです。




断熱材のジョイント部分は気密テープをはり

確り気密を確保します。

応援の大工さんたちは、ソーラーサーキットになれている

ベテランの職人さんですので、手際よく作業は進んでいきます。








そして通気どう縁を断熱材の上に施工

空気の道を確保

この辺の作業は、ソーラーサーキット施工独自の部分が多い為

経験がものをいいます。




通気どう縁の上に野路板

この辺りになると、通常の工法と同じですね






ルーフィング施工中です

これでまず雨の心配がへります。







ルーフィングが飛ばないようにしっかり 下地材でおさえ

瓦屋さんの施工をまちます。













投稿者 株式会社岡山建築工房